加古川の真 接骨院です。接骨・整骨、交通事故治療、姿勢矯正を取り扱っています。

加古川の真接骨院の電話番号
各種保険取扱
労災取扱
交通事故取扱
電話発信ボタン

お困りの症状別ご案内

膝部の痛み

オスグッド・シュラッター Osgood-schlatter病

オスグッド・シュラッター病は、10歳代前半の脛骨粗面部に疼痛と腫脹を生じる骨端症の一つである。スポーツ活動をしている男児に多い。

発生機序
脛骨粗面の骨化が完成する以前の力学的に弱い時期に、日常生活動作やスポーツ活動で大腿四頭筋の収縮が脛骨粗面を繰り返し牽引することにより発生する。

症状
ランニングや階段の昇降など大腿四頭筋を強く収縮させる動作時に、膝蓋靭帯付着部に限局して疼痛が認められる。症状が進行するにつれて脛骨粗面部の膨隆は著しくなり、骨性に硬くなることもある。
本症は慢性の経過を辿り、再発を繰り返すが、骨端成長軟骨板が骨化を完了する18歳頃には症状は消失する。脛骨粗面部が膨隆したまま治癒するものもある。

 

ジャンパー膝 jumper’s knee

ジャンパー膝はジャンプを頻回に繰り返すスポーツ選手に多くみられる膝伸展機構のスポーツ障害である。

発生機序
急な加速や減速、ジャンプ、着地などのスポーツ動作の繰り返しにより、膝関節伸展機構に過度の張力が加わり発生する典型的なオーバーユースシンドローム overuse syndrome である。
バレーボール・バスケットボールなどの跳躍を多用するスポーツ種目で多く発症する。
症状
膝蓋骨下極部に運動痛、圧痛を認める。他動的に膝を深く屈曲すると疼痛が誘発されやすく、尻上がり現象がみられる症例も多い。

半月板損傷

半月板は大腿骨と脛骨の関節面間に存在する線維軟骨性の小板で、骨性に不安定な関節面に適合性を与えるだけでなく、衝撃を分散・吸収し、また滑液の関節腔内への拡散を助けるなど、多面的な機能を持っている。したがって、外傷により半月板を損傷すると膝関節の機能に多大な障害をきたすこととなる。

発生機序
若年者はスポーツ活動で受傷することが多い。膝関節の屈伸に下腿の回旋が加わった際に受傷する。多くは内側側副靭帯や前十字靭帯など、他の損傷に合併する。内側の損傷が多い。
小児では形態異常(円板状半月)、高齢者では変性を基盤として損傷することがあり、この場合には外傷の機転が明らかでないことも多い。

症状
損傷側の関節裂隙を中心とした荷重時痛や、引っかかり感を伴った運動時痛を訴える。圧痛は損傷側の関節裂隙にみられる。
その他、嵌頓症状、クリック、関節血腫または水腫などの症状をみる。経過の長い症例では大腿四頭筋の委縮を認める。

側副靭帯損傷

内側側副靭帯は大腿骨内側上顆から脛骨内顆部に付着する靭帯で、膝関節の外反および下腿の外旋を制御している。外側側副靭帯は大腿骨外側上顆から腓骨頭に付着する靭帯で、膝関節の内反と下腿の外旋を制御する。
内側側副靭帯が外側側副靭帯よりも頻度が高く、前十字靭帯や半月板などの他の損傷を合併することが多い。

発生機序
内側側副靭帯は膝関節に強い外反力が加わり損傷する。
外側側副靭帯は膝関節伸展位で強い内反力が加わり損傷する。

症状
膝関節の損傷側に運動時痛や限局した圧痛、腫脹を認める。重傷例の場合、受傷時に断裂音(POP音)を聞くこともある。また、内側側副靭帯損傷では膝関節の外反動揺性が、外側側副靭帯損傷では膝関節の内反動揺性が出現する。

十字靭帯損傷

1.前十字靭帯損傷
前十字靭帯は膝関節内の大腿骨外顆内壁から脛骨顆間部中央前方に扇状に広がりながら付着する靭帯で、脛骨の前方偏位および下腿内旋を制御する。

発生機序
単独損傷はジャンプの着地や急停止、急な方向転換など、非接触型の機序で発生することが多い。大腿四頭筋の自家筋力が発生に関与していると考えられている。
一方、柔道やラグビーのタックルなどで膝関節に外反・回旋が加わり発生する接触型損傷では、内側側副靭帯をはじめとする他の靭帯損傷を合併することが多い。

症状
受傷時には膝がずれた感覚や断裂音(POP音)を自覚することが多い。受傷直後から疼痛と膝の不安定感を訴え、スポーツ活動などの続行は困難となる。受傷数時間後から関節血腫による膝の腫脹を認め、腫脹の増大とともに膝関節の屈曲が著しく制限される。

2.後十字靭帯損傷
後十字靭帯損傷は大腿骨内顆の内壁前方より脛骨顆部後方に付着する靭帯で、膝の屈曲に伴う大腿骨顆部の後方移動を誘導するとともに、脛骨の後方偏位および内旋を制御する。

発生機序
交通外傷(ダッシュボード損傷、オートバイ事故)やスポーツ活動中の激しい接触により、膝関節屈曲位で脛骨粗面部を強打して発生する。膝関節の過屈曲や過伸展で損傷することもある。

症状
受傷直後から疼痛と膝の不安定感を訴える。疼痛は運動時や立ち上がり動作時に膝後面にみられることが多い。

腸脛靭帯炎runner’s knee

発生機序
腸脛靭帯と大腿骨外顆との間の摩擦により炎症が生じる典型的なオーバーユースシンドロームである。ランニングなど、膝関節の屈伸を繰り返す動作により発症する。

症状
膝関節外側部に圧痛、運動時痛を認める。

 

変形性膝関節症

変形性関節症 osteoarthritis(OA)は、「病理学的に関節軟骨の変性、摩耗による荒廃と、軟骨および骨の新生と増殖、つまり摩耗相と増殖相の混在(変形性変化)によって特徴づけられる慢性、進行性の変形性関節疾患」と定義される。膝関節はもっとも変形性関節症が発生しやすい関節である。
変形性関節症は、多くは50歳代に発症し、男女比はほぼ1:3である。我が国では変形性膝関節症の85%以上が内反変形を呈し、外反変形を呈する例は少ない。

症状
初期には動作開始時の疼痛を訴える例が多い。病期が進行するにしたがって動作中の疼痛を訴えるようになり、階段の昇降、とくに降りるときの疼痛が特徴的である。内反変形が明らかな例では膝関節内側の荷重時痛が強く、平地歩行も苦痛を伴うようになる。寒冷または湿潤な時期に症状が悪化するので注意する。

加古川市 真 接骨院では患者様一人一人問診にじっくり時間を取り、主訴・患者様の希望・懸念・既往歴・生活歴等を把握してから視診・触診・計測評価・動的評価・神経学的評価・各種徒手検査を行い患者様が訴える不調の原因を見つけ出し、患者様一人一人に合った手技・RICE処置・ストレッチ・テーピングを施し不調の原因を改善、健康な身体へと導いていきます。