加古川の真 接骨院です。接骨・整骨、交通事故治療、姿勢矯正を取り扱っています。

加古川の真接骨院の電話番号
各種保険取扱
労災取扱
交通事故取扱
電話発信ボタン

お困りの症状別ご案内

スポーツ障害(過労性脛部痛(脛骨過労性骨膜炎・シンスプリント shin splint))

発生機序
ランニング、ジャンプ、ターン、ストップなどに伴う足関節の反復性底背屈により、下腿後面内側筋群に疲労が起こり、これらの筋の伸展性低下を引き起こし、その結果、下腿後面内側筋群の牽引により脛骨骨膜に損傷や炎症をきたす。
さらに、足部疲労によるショック吸収能の低下や足部過回内も原因となって起こる。

症状
脛骨内側後縁部に沿った疼痛、圧痛を主訴とする。徒手検査としては、ストレッチング痛、抵抗運動痛がみられる。また、偏平足や回内足、膝外反などのアライメント異常がみられれば脛骨過労性骨膜炎を引き起こす可能性が高い
脛骨過労性骨膜炎では、単純X線像で異常所見がみられない。

加古川市 真 接骨院では患者様一人一人問診にじっくり時間を取り、主訴・患者様の希望・懸念・既往歴・生活歴等を把握してから視診・触診・計測評価・動的評価・神経学的評価・各種徒手検査を行い患者様が訴える不調の原因を見つけ出し、患者様一人一人に合った手技・RICE処置・ストレッチ・テーピングを施し不調の原因を改善、健康な身体へと導いていきます。