加古川の真 接骨院です。接骨・整骨、交通事故治療、姿勢矯正を取り扱っています。

加古川の真接骨院の電話番号
各種保険取扱
労災取扱
交通事故取扱
電話発信ボタン

お困りの症状別ご案内

スポーツ障害(テニス肘)

スポーツ障害の総称名として、内側上顆炎を含む主に肘部内側の障害を野球肘、外側上顆炎を含む肘部外側の障害をテニス肘と呼んでいるが、はっきりした原因がなく発症するものや、仕事や日常生活上の使いすぎにより発症するものも多くある。

一般的にテニスのバックハンドストロークで発生する上腕骨外側上顆炎による外側型の疼痛性運動障害をテニス肘と総称するが、テニスのストロークで発生するスポーツ障害としてフォアーハンドストロークにより上腕骨内側上顆炎を発生する内側型の障害もある。病因は使いすぎであり、ラケットの操作技術の低い初級者やラケットを支える筋力の弱い40~50歳の女性に好発する。この障害は、ゴルフやバドミントンなどの他のスポーツ障害として、または手をよく使う作業をする者にも多発する。
1 上腕骨外側上顆炎「バックハンドテニス肘(外側型)」
発生機序
発生頻度が高く、バックハンドストロークで正確にボールを捉えることのできないときに受ける衝撃に、手関節の伸筋、とくに短橈側手根伸筋で対抗しようとして、筋の起始部で変性を起こしたり、または前腕浅層伸筋群付着部である外側上顆部の微小断裂、骨膜の炎症を発生する。
症状
手関節背屈時やラケットのグリップ時の肘から前腕にかけてと疼痛や局所の圧痛、熱感を有する場合もある。日常生活では、回内位で物を持ち上げたり、タオルを絞る動作などの伸筋群が緊張する動作時に痛みを訴える。

加古川市 真 接骨院では患者様一人一人問診にじっくり時間を取り、主訴・患者様の希望・懸念・既往歴・生活歴等を把握してから視診・触診・計測評価・動的評価・神経学的評価・各種徒手検査を行い患者様が訴える不調の原因を見つけ出し、患者様一人一人に合った手技・RICE処置・ストレッチ・テーピングを施し不調の原因を改善、健康な身体へと導いていきます。