加古川の真 接骨院です。接骨・整骨、交通事故治療、姿勢矯正を取り扱っています。

加古川の真接骨院の電話番号
各種保険取扱
労災取扱
交通事故取扱
電話発信ボタン

お困りの症状別ご案内

スポーツ障害(オスグッド・シュラッター Osgood-schlatter病)

オスグッド・シュラッター病は、10歳代前半の脛骨粗面部に疼痛と腫脹を生じる骨端症の一つである。スポーツ活動をしている男児に多い。

発生機序
脛骨粗面の骨化が完成する以前の力学的に弱い時期に、日常生活動作やスポーツ活動で大腿四頭筋の収縮が脛骨粗面を繰り返し牽引することにより発生する。

症状
ランニングや階段の昇降など大腿四頭筋を強く収縮させる動作時に、膝蓋靭帯付着部に限局して疼痛が認められる。症状が進行するにつれて脛骨粗面部の膨隆は著しくなり、骨性に硬くなることもある。
本症は慢性の経過を辿り、再発を繰り返すが、骨端成長軟骨板が骨化を完了する18歳頃には症状は消失する。脛骨粗面部が膨隆したまま治癒するものもある。

加古川市 真 接骨院では患者様一人一人問診にじっくり時間を取り、主訴・患者様の希望・懸念・既往歴・生活歴等を把握してから視診・触診・計測評価・動的評価・神経学的評価・各種徒手検査を行い患者様が訴える不調の原因を見つけ出し、患者様一人一人に合った手技・RICE処置・ストレッチ・テーピングを施し不調の原因を改善、健康な身体へと導いていきます。