加古川の真 接骨院です。接骨・整骨、交通事故治療、姿勢矯正を取り扱っています。

加古川の真接骨院の電話番号
各種保険取扱
労災取扱
交通事故取扱
電話発信ボタン

お困りの症状別ご案内

ばね指 snapping finger

ばね指は、屈筋腱と腱鞘との相対的なサイズの不均衡により発生するMP関節掌側の狭窄性腱鞘炎である。成人の場合中年女性に好発し、第1指がもっとも多い。初期は指の運動痛のみのことも多く、またPIP・IP関節に痛みを訴えることもある。指の伸展、屈曲の自動運動時屈筋腱が引っかかって弾発現象をみる。次第に症状が悪化すると、他動的に伸展させなければならなくなる。手指の運動を制限し、3~4週間安静を保持する。
小児のばね指は1~2歳頃に発症する。原因は先天的な腱鞘の狭窄あるいは腱の肥厚といわれているが、明らかではない。ほとんどは第1指に発症するが、6~7歳までに、自然治癒するものもある。また、腱の滑動性が強く制限されたものを強直母指という。

加古川市 真 接骨院では患者様一人一人問診にじっくり時間を取り、主訴・患者様の希望・懸念・既往歴・生活歴等を把握してから視診・触診・計測評価・動的評価・神経学的評価・各種徒手検査を行い患者様が訴える不調の原因を見つけ出し、患者様一人一人に合った手技・RICE処置・ストレッチ・テーピングを施し不調の原因を改善、健康な身体へと導いていきます。